お尻フェチのボクは理想のお尻にようやく会えたかも

お尻フェチのボクは理想のお尻にようやく会えたかも

ボクは軽いお尻フェチですね。
ぱっくり割れたお尻が好きというだけなんですよ。
女性のお尻だったら、大きいのも小さいのも好きですよ。
でもやっぱり丸いのがいいですね。
二つの丸いふくらみ。
これこそがお尻ですね。
そして、これは欲を言えばなんですが、ウエストは絞れているのが理想ですね。
ボクは悩み多き年ごろで、理想のお尻との出会いの道は険しく、毎日悶々としているんです。
でも、それはどうやら過去の話になりそうなんですよ。
素敵な女性に出会えたんです。
もちろん、お尻がステキな女性ですよ。

・若い子のお尻は固く熟女のお尻は垂れている

ボクが拝みたいお尻にはなかなか会えなかったんですね。
女の子とは会えるんですけど、好きになれるお尻となると確率が低いんですよ。
若い子ほどお尻が固いのは残念です。
そういう意味では熟女ほどお尻はやわらかいんですよ。
しかし、いいことばかりではありません。
熟女のお尻は多少垂れ始めているのが残念なんです。
垂れてしまうと丸いお尻ではなくなってしまいます。
フェチって辛いですね。
掲示板がなければ、ボクは一生辛いだけのお尻フェチで終わるところでしたよ。

・掲示板で見つけた女の子がいい感じ

でも、ようやく掲示板でかなり理想に近い女の子とデートできたんです。
彼女はちょっと背が低い女の子でしたが、お尻はとっても大きかったんですよ。
ちなみにバストも大きいんですよ。
正面からでも、大きく膨らんでいるのがよく分かります。

前のめりになって失敗するのは嫌ですから、彼女とは慎重に慎重にデートを重ねて、そろそろホテルに誘っていいかなという時期が来るのを辛抱強く待ちました。
これまでのことを考えれば、多少遅くなるのくらいなんてことはなかったですよ。

といっても、デートのたびにエスコートするふりして腰に手を添えてお尻をナデナデしてましたけどね(笑)
見た目どおりお肉がたくさんついていました。
そのお尻のやわらかい感触が手に伝わってきて、我慢するのは大変でしたね。
振り返れば、嫌がらずにお尻を触らせてくれている時点で、彼女のほうは誘われるのを待っていたんでしょうけども、万が一の可能性もありました。
ですから、ボクは慎重になりましたよ。

・ほぼ完ぺきな体が目の前に

そして、その日、いよいよホテルに入って彼女の体を確認させてもらいました。
お尻をナデナデしているときに手で確認していたとおり、ウエストがくびれていましたね。
お尻の大きさとウエストの細さの対比が素晴らしかった。
いいよいいよ、これこれ、と思わずボクは笑顔になりました。
バストも大きくて、体全体のバランスが素晴らしかったですね。

エッチのときにもお尻を鷲掴みにしたかったから、彼女に上に乗ってもらいました。
下から腰を突き上げながら、お尻を鷲掴みしましたよ。
彼女を抱きしめても胸には反発を感じるし、やっとボクにも春が来たと思いましたね。

お尻フェチのボクは理想のお尻にようやく会えたかも へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ