人妻フェチのワタシはNTRが好き

人妻フェチのワタシはNTRが好き

ワタシは昔から人妻フェチですね。
NTRが好きなんですよ。
ワタシ自身は独身ですから、NTRされることはありません。
いわば無敵ですね。
自分は安全圏にいて、他人のものを奪えるんですよ(笑)

ですが、ややこしいんですが、他人のものが欲しいのと同じようにNTR願望もありますから、自分が他人のものを寝取るだけじゃなくて、自分のものを他人に寝取られてみたい願望もあるんです。
矛盾していますが、いつか実現したいんですよね。
でも、その前に結婚しないといけないんですが、結婚はおろか、恋人もいなくて当分願望のままですね。
人妻とばかり遊んでいるから、今後も結婚できそうにありませんね(笑)

・一目で分かる幸の薄さ

ワタシはいつも人妻をフェチ専門掲示板で見つけているんですよ。
この前見つけた人妻は、幸薄そうないかにもな人妻でしたね。
人生に疲れて不倫しています、みたいな顔がたまらん。
掲示板でワタシと関わってしまったらさらに不幸になるんですけどね(笑)

顔の作りとしては美人ですよ。
こんな美人妻を寝取れるのかと思うと、興奮で手が震えてきましたよ。
その震える僕の手に彼女がそっと手を伸ばして、手を重ねてきました。
彼女の手はとても暖かかったですね。
ワタシの手は脂汗を書いていましたから、彼女に手汗をつけてしまいました。
NTRが好きなんですが、実際にやると何度やっても緊張しますね。
好きすぎて興奮しすぎるんでしょうね。

・手をつないで夜の街をデート

その後は二人で手をつないで夜の街を歩きました。
これで身も心も彼女はワタシのモノだと考えると、せっかく彼女に握ってもらって落ち着いている手が再び汗をかいてきてしまいました。
それでもつないだ手を離さない彼女の優しさに全ワタシが泣きました。
寝取るのが好きという不純な動機で不倫していたのが申し訳なく思えてきましたね。

・幸薄い顔が色っぽい顔に見えた

ワタシたちはラブホに来るまでにすっかり仲良くなっていましたから、ラブホでは最初からずっとイチャイチャしましたよ。
長い時間チュッチュしていた
出会った当初は幸が薄いと思っていた顔も、薄暗い照明の中で見れば色っぽい顔に見えてきましたよ。
そしてまた、感じている声も「はーっはーっ」と声を押さえて吐息だけというのがまた色っぽさを倍増させていましたね。
色っぽい吐息を聞いていたかったワタシは、ゆっくりとした腰の動きを続けました。
最後まで彼女は声を押さえて吐息だけを漏らしていましたね。

人妻フェチのワタシはNTRが好き へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ