貧乳フェチは宿命だと思っています

貧乳フェチは宿命だと思っています

ぼくは貧乳フェチですよ。
なんの因果か分かりませんが、大きいのよりも貧乳のまな板が好きなんです。
ツルペタじゃないとおチンチンがビンビンにならないんですよ。

一度夜のお店に行って、スレンダー美女を指名したら、体のあらゆる部位が膨らんでいる女の子が出てきたんですね。
単純に好き嫌いの問題と思っていたんですが、巨大な胸を見て吐き気を催したときは、生理的に大きいのが無理なんだと思い知りました。
まあ、貧乳が好きだし、巨乳を避ければいいんであって、特に困ることはないんですけど。

・写真でチェックしてから

夜のお店で生死の境をさまよう経験をして以来、夜のお店に近づくことができなくなりました。
スレンダーを指名しても院乳に会えないのはもちろん、太めが出てくると吐き気がするんですよ。
だから、夜のお店に期待するのは止めて、自分で探すことにしました。

そんなぼくにうってつけなのがフェチ専門掲示板だったんですね。
ここなら、貧乳女子を直接ご指名できますよね。

石橋を叩いて渡る性格のぼくは、掲示板で貧乳女子を見つけても、すぐには信じないんです。
貧乳が巨乳を騙ることはあっても、巨乳が貧乳を騙ることはありませんが、それでも念には念を入れたいんですよ。
なので、いい感じになった女の子には写真を送ってもらうことにしているんです。
送ってほしいとリクエストするのはヌードじゃなくて着衣だから、けっこうな確率で上半身の写真を送ってくれるんですよ。
顔を隠すか出しているかは半々くらいですね。
ぼくにとっては顔はお負けですからどちらでも構いません(笑)

・貧乳な彼女は童顔だった

写真チェックで貧乳を確認した女の子と無事にデートのセッティングに成功しました。
最近、貧乳成分に飢えていたぼくには今回のデートは非常に楽しみでしたね。

彼女は送信した写真では顔を隠していたので、素顔と対面するのはその日が初めてでした。
アーモンドみたいなクリっとしたお目目がかわいかったですよ。
やっぱり貧乳なら童顔ですよね。

そして視線を落とすとそこには一切引っかかる部分のないストンとした体がありました。
童顔はボーナスタイムで、本命はまな板のほうです。
服を着ていてまな板なら、脱いだら間違いなくまな板でしょう。
えぐれている可能性だってあるぞ、と。
そんなことはさすがに言いませんでしたよ。
言ったのは「かわいいね」と。

・貧乳の乳首をベロベロ

彼女はリアルに貧乳フェチの男と会うのは初めてということで、ぼくとのセックスに興味津々でした。
どんなことをするのか気になるんでしょうね。
といっても、ぼくがすることは別に変ったことではありませんがね。
とりあえず、ラブホテルに行きました。

一緒にお風呂に入ろうとしたんですけど、それは彼女が恥ずかしがって今回はパスになりました。
彼女がお風呂から出てくるのを待つことになりました。

隠すところもないだろうに、いちおう体にバスタオルを巻いて出てきましたよ。
恥ずかしそうな彼女にとりあえずキスをしました。
「んっ」と反応したのは、唇が性感帯なのかなと思いました。
今度もっとよく確認することにしましょう。

と思いつつ、バスタオルをそっと外しました。
そこには目と同じように、アーモンド大の乳首がありましたよ。
乳輪は小さかったので、乳首だけという感じでした。

彼女の期待を超えられたかは分からないけど、その乳輪一体型の乳首をさんざんねぶりました。
大きかったので、吸い甲斐がありましたよ。

貧乳フェチは宿命だと思っています へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ